ドレスシャツを自宅できれいに洗うコツ

ドレスシャツは、スーツの下に着用する襟付きの長袖シャツのことです。ビジネスシーンや結婚式などのフォーマルな場所に出席する際に、非常に重宝するアイテムと言えます。ドレスシャツを身に着ける際は、シワのない清潔感のある真っ白なものを着用したいと思われる方は多いです。ただ一度、汚れが付着すると、白い生地のために目立ってしまうことがあります。

そこで、ここからはドレスシャツをきれいに真っ白に洗うコツを紹介していきます。まず肝心なことは、洗濯機に入れる前にシャツの襟、袖口に洗剤を付けて部分洗いを行うことです。そもそも袖や襟は、皮脂や汗などが付着しやすく、特に夏の暑い時期は真っ黒になってしまいやすいです。普通に洗濯機で洗っても頑固な汚れなので落ちにくく、黒ずみなどが残ってしまいます。

そこで、洗剤を直接つけておくことで、洗剤がより密着して汚れが落ちやすくなります。部分洗いを行ってから、ドレスシャツを洗濯用のネットに入れて普通に洗濯をしていきます。ネットに入れる際は、きちんとシャツを裏返しに折りたたんで入れることがポイントです。きちんと畳んでおけば、洗濯に入れてもシワになりにくくなるからです。

また、裏返しにするのは、皮膚に密着していた裏側の汚れをスムーズに落とすことができるからです。洗濯が終わったら、ハンガーにかけて直射日光の当たらない日陰で乾かしていきます。この時、シャツにシワが生じないように、両手でシャツを挟むように伸ばすときれいになります。安曇川駅で洋服お直しのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする