ドレスシャツをどのシーンで着用するかがポイントです

ドレスシャツはスーツの下に着用するシャツのことで、以前はワイシャツと言われていたものです。特徴として、主に生地感やエリなどがあり、カジュアルシャツは柔らかかったり、やや厚手な生地がありますが、ドレスシャツはさらさらとした生地で、やや薄地なものが多く、エリの裏側には「カラーキーパー」と呼ばれている透明の芯が付けられていることが多いでしょう。ドレスシャツを選ぶ時、どのようなシーンで着用するのかという用途が大事になります。例えばスーツの下に着てビジネスシーンで使う場合、ネクタイを着用することができたり、所有しているスーツと組み合わすことができる色や柄などで、ボタンダウンではないものを選ぶことがポイントになります。

基本的に白や薄い青をメインにして、一般的なエリの形であるレギュラーカラーやホリゾンタルカラーなどのシャツを選択すると良いでしょう。きれいめなファッションが好みで、カジュアルシーンにしか着用しないなら、ボタンダウンでも大丈夫です。多少派手な柄でも無難に着用することができ、第一ボタンがないような「イタリアンカラー」と呼ばれているデザインのシャツを着てもおしゃれでしょう。エリがないバンドカラーと呼ばれているようなシャツも問題ありません。

胸にポケットがないデザインのものでもよく、ポケットがない方がシャツのシルエットがきれいになり、おしゃれに着こなすなら、胸ポケットのないものがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする