ドレスシャツにはいろいろな生地があります

日本ではドレスシャツは礼服用のシャツやスーツに合わせて着るシャツの総称として使われていて、フォーマルな場に着用したり、礼服やスーツの下に着てネクタイと一緒に着用し、主に白い無地のシャツのことを意味します。ネクタイをつけずに着用するスタンドカラーシャツや、柄の入ったシャツは基本的にドレスシャツとは言いません。ドレスシャツの対義語としてスポーツシャツとも呼んでいて、日本ではカジュアルシャツとも呼ばれています。ドレスシャツは使っている生地の違いで、着用した時の印象や着心地などが変わります。

ドレスシャツに使われる素材にはいくつかあり、例えばブロードは代表的な生地で、ビジネスシーンはもちろん冠婚葬祭まで幅広く使われている定番の素材です。美しい光沢があり、最もフォーマルな生地と言えるでしょう。糸の太さが細くなればなるほど、より光沢感が増えていき人気があります。ロイヤルオックスフォードは、縦と横に綿糸を2本ずつ揃えた通気性の良い夏向きの生地です。

ボタンダウンシャツなどでよく使われるオックスフォードタイプよりも大きな番手の細い糸を使用しており、艶やかで上品な光沢が魅力的で、エレガントな着こなしをすることができ、ビジネスシーンでも活躍しています。エリはネクタイと一緒にスーツスタイルにおいて、最も大切な胸元を演出します。エリのデザインはネクタイの結び方やジャケットとの相性も含めて考慮すると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする