自分好みのオーダースーツの作成や取扱いについて

スーツは多くの社会人が着用する機会の多い衣類で、自分自身の印象を大きく左右することもあります。量産された市販品は様々なサイズやデザインが揃っていますが、自分好みの一品を着こなすためにオーダースーツを作成することもあります。オーダースーツは自分自身の体形に合致するように細かい部分まで寸法を測る他、高級で上質の生地を用いることから価格が高値になる傾向があります。また、スーツを仕立てるテーラーの技術力が出来の良し悪しを決めるため、腕が良く信頼できる所を選ぶことが満足できる一着を作るための心得になります。

オーダースーツのデザインは多くの場合、ビジネスの場や冠婚葬祭に対応できるように落ち着いた雰囲気を醸し出す物になります。また、使用する生地の高級感を引き出すために仕立ての方法も量産品とは異なるケースが多くなります。オーダースーツは長く着るほど体に馴染むことから着用する機会が多くなりますが、その一方で汚れが付着しないように気を付ける必要があります。近年では汚れを防ぐためのコーティング加工を施す店も増えていますが、処理の方法によっては生地の品質が落ちてしまうこともあるので事前の確認が不可欠になります。

オーダースーツにほつれや穴あきなどのトラブルが生じた場合、補修後に全体のバランスが崩れないように考慮する必要があります。そのため、スーツを仕立てたテーラーに補修を依頼するのが適切な対処法になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする