オーダースーツと市販スーツの違い

通常スーツを購入する時には市販されているものを購入することがほとんどですが、市販されているものの中には自分の体型に合わなかったり柄や素材が気に入らないというものもあります。それでも仕方なく着用している人もいますが、フィット感がないと不恰好に見えてしまうこともあり周囲の印象も悪くなる場合があります。そんな時にお勧めされているのがオーダースーツであり、体型に合わせるだけではなく素材や柄なども自分の自由に決めることができるので、自分のために仕立てられたスーツを手に入れることができるようになっています。そんなオーダースーツと市販のスーツでは実際にどの程度の違いがあるのかと言うと、意外と大きな違いがあります。

まず市販のスーツのメリットは安価で購入できるところであり、複数購入してもすぐに手に入れることができます。また、柄や素材などもオーソドックスなものが多いので失敗が少なく、どのような場面で利用するスーツでも揃っているところが特徴となっています。そしてオーダースーツは市販のスーツよりも高額となっていることが多く、仕立てるので時間がかかるという点ではデメリットがありますが、何よりも自分の体型に合ったスーツとなっているところが魅力です。そのため、おしゃれにスーツを着こなしたいという人や自分の個性を出したいという人におススメですし、市販のスーツでサイズがないという人の場合に特におすすめされる種類となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする